社員研修がない会社のデメリット

社員研修は社員の能力底上げを期待

社員研修を実施しないと現状の社員の能力に頼らないといけないという実態が出てきます。その為社員の能力がまばらになってしまって、社員によっては、一定以上の能力に到達していない場合も少なくありません。特に新入社員として会社に在籍している社員は、一般的な社員と比べても能力が著しく低い事がほとんどです。
先輩社員が能力底上げに色々と教えてくれるかもしれませんが全ての先輩社員がそうではありません。教えたくても中々忙しくて教える事ができない事もありますので、その場合には新入社員は置いてけぼりを食らってしまいます。社員の能力を一定以上にする事ができなくなるので、能力が低い社員は疎遠感や孤独感に感じて、精神的に追い込んでしまう事も残念ながらあります。

会社の戦力として活躍する事ができない点

会社の戦力として活躍する事も社員研修を行わない事で発生する可能性が出てきます。社員研修を受ける事ができれば、仕事に活用する事ができる大切な能力を高める事が可能です。しかし一定以上の能力に達していないので会社の戦力として活躍する事ができなくて、足を引っ張ってしまうかもしれません。
あくまで社員として働く以上、戦力として活躍する事が求められてきます。会社側が社員研修というサポートを行う事によって、一人の社員として活躍する事ができるチャンスが発生します。社員研修で基礎を固めてあげる事ができれば、その社員だけではなく会社にも素晴らしい貢献をしてくれるからです。その為多くの会社では、社員研修を行っているのが実態の一つです。